1. >
  2. オイリー肌になる理由

オイリー肌になる理由

夏になると汗をかき、顔がべたつくのが気になりませんか?

皮脂が過剰に分泌する、いわゆる「オイリー肌」だと感じるのは、いくつか原因があります。

まず、食生活です。

油分を多く含む料理、食べ物を避け、野菜や水分を意識して摂るようにしましょう。

次に、ホルモンバランスです。

思春期や生理前など不安定になりがちなので、ストレスを溜め込みすぎないことが大切です。

そして、意外な原因の1つとして乾燥です。

乾燥していると肌を保護しようと皮脂が余計に出てしまう場合があるので、保湿を意識してみてください。

他にも原因はさまざまありますが、上記で挙げた内容は意識すれば改善が期待できるので是非やってみてください。

正しい洗顔方法とは

以前、化粧品会社の方に聞いた洗顔方法です。

その1、お湯の温度は人肌で!

お風呂の際に洗顔する人が多いと思いますが、湯船の温度では熱いそうです。

人肌がベスト。

その2、洗顔料は適量で!

適量は、取扱説明に書いてある量です。

多すぎても少なすぎても効果が落ちます。

その3、泡を転がすように!

洗顔料を十分に泡立てて、泡を肌に乗せて軽く転がす程度のマッサージをします。

ゴシゴシ擦るのはいけません。

泡の力で肌の汚れを落とすイメージです。

洗顔ネットを使って泡をたっぷり作るのがオススメですが、手だけで泡立てた泡でも十分です。

脂っぽいTゾーンを入念に、比較的乾燥している頬のあたりは最後にさっと撫でるように洗います。

その4、洗い流すお湯で擦らない!

思わずジャバジャバかけて両手で拭ってしまいそうですが、これもダメです。

両手ですくったお湯を顔にかけるようにして、泡を落とします。

洗顔料を刷り込んでいないので、かけるだけで十分に泡は落ちます。

その5、タオルで擦らない!

洗い終わったあとは、タオルで優しく押さえながら拭き取ります。

基本は、肌に刺激を与えないことです。

スキンケアアイテムが合うか、合わないか。

今まで様々なスキンケアアイテムを使って来ました。

ドラッグストアにあるもの、通販にしかないもの、専門店があるもの、高いもの、安いもの...。

雑誌の口コミや特集もたくさん読んでは買ってみてというのを繰り返していました。

どういうのが合っていて、どういうのが合わないのか、分かっていなかったのです。

私が大学生の時、寮で生活していました。

その時もスキンケア探しをしていて、とあるメーカーのスキンケアアイテムを試していました。

すると1週間ほど経って、最近肌がきれいになったね、と友人に言われました。

正直びっくりしました!

というのも、効果を自覚していなかったからです。

よくよく考えると、効果を自覚できずにスキンケアアイテムを変えていました。

ただ、スキンケアをする目的は、相手にきれいな肌をみてもらうためなのです。

主観だけで効果をはからずに、客観的な意見をもらうことでそのスキンケアアイテムが合っているかどうか判断するのも1つの基準だなと思います。

基礎化粧を大切に。化粧水・乳液はたっぷりと!

アトピー・超敏感肌・乾燥肌のため、使う基礎化粧品にかぎりがあります。

敏感肌用と書いてある化粧品でも合わないことが多いため、新たなスキンケア化粧品にチャレンジすることができないのが残念です。

乾燥になやんでいるため、化粧水・乳液をたっぷりと使います。お風呂上りに、汗をかいた状態では効果がないように感じるため、汗がひいたあとに化粧水を4、5回ほど重ねてつけて、その後に乳液で仕上げます。

高価な化粧水を値段を気にして少しだけ使うよりも、多少安い化粧品でも品質がよいものをたっぷり使う方がお肌にいいと雑誌にあったのを見て、それを実践しています。ずっとその方法を行っておりますが、お肌の調子はいい感じに整っていると思います。

海外でのスキンケア製品を選ぶのは難しい

幼少期はアトピーがあったので、スキンケアも時々痒くなってしまう事があります。友達に勧められて、高級スキンケアをラインで揃えたのにイマイチ効果が感じられなかったり。ドラッグストアで買った安いラインが案外肌に馴染んで使いやすかったり。スキンケア商品は値段では分からないなぁと思います。現在は海外在住なので、どれが良いのかも良く分からず…日本から買って持って来たものを使ってます。少しづつ海外の製品も挑戦してますが…なかなか難しいです。