1. >
  2. 角栓の取り方

角栓の取り方

ピンセットで角栓を取ることは、肌を傷めてしまう危険があるのでやめたほうがいいです。

使用前に入念に洗浄すれば大丈夫かと思われるかもしれませんが、角栓を取っているうちにピンセットには様々な菌が付いてきます。

それらの菌が、余計に肌トラブルを引き起こす可能性も高く、角栓そのものは取れても周囲の皮膚が赤く腫れたり、開いた毛穴からばい菌が入ることが考えられます。

そういったことから、毛穴パックのほうが安全といえますが、毛穴パックは角栓を取った後のケアが重要です。

パックを剥がした後は毛穴が開いていて、ある意味では無防備な状態ですから、まず引き締めてあげることが必要です。

毛穴引き締め効果のある化粧水でもいいのですが、保冷剤をガーゼなどにくるんで肌に当てるのも効果的です。

肌を引き締めることによってテカリや脂浮きを防ぐことが、角栓予防にもなりますのでぜひお試しください。

最後に、引き締めた後はきちんと化粧水や美容液などで肌を保湿して、肌を柔らかい状態にしてください。

混合肌とはどんな肌?

混合肌とは、乾燥肌と脂性肌が混在しているお肌の事を言います。

頬や口周りは乾燥して粉が噴いているのに、TゾーンやUゾーンはベタついているという方は混合肌です。

皮脂が出てベタつく部分は脂性肌用のお手入れが必要ですし、乾燥している部分は乾燥肌用のお手入れが必要になります。

乾燥とベタつきという真逆の肌状態が混在しているので、混合肌の方がスキンケア用品を選ぶ際には、使う部分によって使い分けするのがおすすめです。

乾燥肌が痒くなる原因と対策

乾燥肌が痒くなるのは、皮脂が少ない事が原因の一つとして挙げられます。

皮脂は肌の水分が蒸発するのを防いでくれるだけでなく、外からの刺激から皮膚を守るというバリア機能も備えているのです。

つまり皮脂が少ない状態は、バリア機能が低下している状態という事になります。

そのせいで少しの刺激でも肌が過敏に反応してしまう為、炎症を起こしやすくなり、アレルギー反応から痒くなってしまうのです。

ですので、肌のバリア機能を高める為に、保湿に心がけバリア機能を高めるようにしましょう。

洗顔方法と洗顔料の種類

泡の力で汚れを落とすイメージで洗顔しているので、洗顔料をできるだけ泡立ててから使うようにしています。

また、顔に泡立てた洗顔料を塗って擦るときは、できるだけ力を入れずに優しく洗うように心掛けています。

これは力を入れて顔を擦ることで、角質が毛穴の中に入り込んでしまい、除去できなくなるのを防ぐためです。

加えて、ニキビの原因となるアクネ菌対策で、硫黄等の殺菌成分が入っている洗顔料をなるべく使うようにしています。

洗顔のための時間がほしい

子育てしながら、洗顔に気を遣う時間と心の余裕がなくなってしまっているように感じる今日この頃です。

短い時間で、すっきりとメイクを落とすことができ、なおかつ、潤いを保てるような洗顔剤ってないのかなと、あるかもしれないですが、なかなかどれが自分自身の肌に一番合うのか購入してみないと分からないですもんね。いざ購入してみたが、肌に合わなかったではお金ももったいないですし・・・。

化粧品メーカーが出しているサンプルはたいてい、1~2回分しかないように思うので、もう少し、1週間くらい連続して使用できるようなものがあるといいのになと思います。

オイリーニキビ肌には薬用せっけんですよ!

 洗顔は、ここ十数年、薬用せっけんで洗う事にしています。

思春期や成人してからもずっと悩まされていたニキビや吹き出物が、朝夕の洗顔の際に薬用せっけんで洗うという単純なことで解決してしまったからです。

 

 薬用石鹸は清浄力が強いため、気をつけましょうというのが常ですが、凄くオイリー肌であった私の肌は、普通の石鹸、ましてやビオレUなどの洗浄力では肌に乳液を塗っているようなもので逆効果でした。

もっと早く十代のうちに気が付いていれば、こんな毛穴が目立つ肌にならなかったのにと悔やんでいます。